私は、今年から旦那さんのお弁当を作り始めました。
今まで、実家暮らしをしていてお弁当は母親が作ってくれていたので、食べる専門で、作る側の気持ちを考えたことがありませんでした。

ですが、作る側になり、お弁当作りがこんなにも難しかったのかと思い知ることになりました。
作ってもらう側の時には、食べるときに「うわ。偏ってる」と、お弁当が隙間が空いてしまっているのを見てショックを受けたり、「このメニューか」などと、自分の好き嫌いを考えたりしていました。

ですが、いざお弁当を作り始めると、おかずを作ってみたものの、隙間が埋まらなかったり、逆に入れたいものがうまく入らなかったりします。
さらに、冬場は、入れたいものを入れたりできていたのですが、夏になると、味と見た目以外に「食中毒」ということも気になるポイントになってきます。

冬場は、生のサラダを入れたりしていたのですが、夏場は暑くなり野菜が傷んでしまうことも考えると、生野菜のサラダは入れられません。
さらに、汁気が多いと、そこから雑菌が繁殖するかもと思うと、出来るだけ水分を切ってお弁当に入れないといけません。

さらに、私は朝起きるのが苦手で、旦那さんのお弁当は前日にお弁当箱に詰め込み、それをレンジでチンもせずに保冷剤をランチボックスるに入れて、それを持っていってもらっています。
果たして、それでお弁当が腐らずに居てくれるのかも分からず、作ってもっていってもらっているものの、もしもお腹を崩していたらどうしようかと毎日ドキドキします。

朝起きて、ちゃんと作れれば良いのですが、お弁当を数品作ろうと思うと結構な時間がかかります。
どうすれば、時短で、さらに安全、そして美味しいお弁当が作れるか、これからも試行錯誤が必要です。

aga メソセラピー 効果